<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<<prev entry | main | next entry>>
病院の待合室というのは、人生の中でもっともうんざりするもののひとつだ。

わたしはじぶんの病気が薬で治るとおもっていないし、だからもちろん、これからそれを処方してくれる医者のことも信用していない。

とはいえ、ほかにどうしようもない、という現実を思い知らされるためだけのろくでもない空間。

わたしはただひたすらに、欺瞞、という漢字を白い壁に書き取っている。
permalink | comments(0) | trackbacks(0)

post time: 22:45, category: 診察風景, author: ナカムラユエ

permalink | - | -

post time: 22:45, category: -, author: スポンサードリンク

Comments:
Leave a comment:









TrackBack URL:
http://yue-n.jugem.jp/trackback/1577
TrackBacks: